Sep

CRSとニュージーランドの貸金庫

今年の夏の酷暑・台風に続き、この度の北海道胆振地方での地震にスタッフ一同心を痛めております。台風・地震の被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。皆様がまた安心して暮らせる日が一日も早く来ることを、お祈り致しております。

近日、ニュージーランドへご訪問頂いたお客様や、弊社へお問合せを頂いたお客様より、CRS(共通報告基準)に関するご質問を頂く機会が多数ございましたので、また改めてこちらでも触れて参りたいと思います。

CRS(共通報告基準)は、国際的な脱税や租税回避行為を防ぐ目的として導入された制度です。現在では、100以上の国と地域が参加しており、税務上の非居住者が海外に保有する金融口座情報を国同士で、相互に自動交換することができるというものになります。
金融口座情報の交換は、既に昨年から一部の国や地域で始まっており、ニュージーランドは2018年中に初回の情報交換開始としています。

金融口座情報の紐づけ番号として、日本在住の方はマイナンバーが該当します。
そのために、銀行から突然のマイナンバー提出依頼に不安を抱かれる方も多くおられるようです。海外口座にまで、日本の税務機関が追いかけてくる可能性があるのですから、決して快いものではないですよね。

 

 

コモンウェルス

bullion

 

 

 

 

 

 

 

 

このような状況の中、資産の分散方法や運用方法を見直されるお客様もおられます。
弊社では、銀行関連業務の他に、ニュージーランドでの金地金の購入・貸金庫への保管のお手続きなどもサポートさせて頂いております。
長らく、私共と提携を致しておりますコモンウェルス社は、日本の一般的な貸金庫とは異なり、銀行管理下からはかけ離れた民間企業ですので、貸金庫の借り受け及び金地金購入の際に、マイナンバーの提出を求められることはございません。ですので、例えば預金封鎖などの有事の際にも、大切な資産をお守りすることができるというわけです。

 

資産の分散や運用方法は、銀行口座に限りません。
多くの大国から遠く離れ、手付かずの大自然と原子力に頼らないエネルギーを生活の糧とし、透明感のある政治と堅実な財政により、安定性のある先進国のひとつとして、長きに渡り知られている国、ニュージーランド。
値動きの微小な金地金を、ここニュージーランドの貸金庫にお預けになられませんか?
詳しい内容につきましては、弊社までお気軽にお問合せ下さい。

A